タグ:育児Q&A ( 3 ) タグの人気記事

育児Q&A Vol.3

Q.離乳食を2回食から3回食にするタイミングは?

A.赤ちゃんの発達は、口の動き、消化吸収能力、全身運動能力、知力などと関連しています。
ずりバイから四つバイになり、つかまり立ちが時々見られるようになると、舌の動きも左右に動くようになります。この時期は赤ちゃんの動きも活発になり、食事回数を増やしてエネルギーやたんぱく質も増やしていく必要があります。

しかし、赤ちゃんの消化能力はまだ未熟で、一度に大量に食べて消化吸収することはできません。ですから2回食の後は3回食におやつ1回を合わせて4回食にします。母乳の回数は減らす必要はありません。食事の後に母乳がしっかり飲める程度の食事量にしましょう。人工乳の赤ちゃんは徐々に昼間のミルクを減らして食事に変えていきましょう。
昼食と夕食の間に間食をあげましょう。間食は甘いお菓子ではなく、炭水化物(おにぎり、パン、芋類など)やたんぱく質(豆類や魚類)、フルーツなどが良いと思います。

また、3回食になったら、お父さんやお母さんと同じ時間に一緒にテーブルで食べること(あくまでも赤ちゃんの生活リズムに合わせた時間帯で可能な限り)も大切です。

                      by yuri

クリックするとランキングが上がります。応援お願いします(^^) ←子育てブログランキングに参加中。

by hahhanonkidane | 2008-02-10 00:47 | ■育児 | Comments(0)

育児Q&A Vol.2

Q.「母乳を与えていますが、仕事復帰するときどうすればいいですか?」

A.断乳をしなくてはいけないと思われている方も多いですが、職場復帰をしても母乳は、続けられます。日中、母乳を与えられず胸が張ってくる時は、軽くしぼっておきます。保育園で冷凍母乳を扱ってくれる場合は、冷凍母乳用のパックに入れ、職場の冷凍庫に保管しておき帰る時は、保冷バックに保冷材を入れて持ち帰ります。冷凍庫がない場合は、保管できないのでタオルや紙オムツにおっぱいの張りが和らぐ程度に母乳をしぼりしみこませてから処分します。保育園にはいりたてのときに赤ちゃんは、体調を崩しやすいので母乳を与えていると安心です。   by tomoko

Q.「離乳食で芋や豆をいやがって食べません。どうしたらいいですか?」

A.赤ちゃんが、ある種の食品をいやがって口から出してしまう場合は、味がいやだというだけでなく、触感や温度、食品の形状などで、赤ちゃんの食べ方がまだ未熟で飲み込めないなどの理由があります。あせらず無理強いしないで、形や温度を変えたり、赤ちゃんの発達を待ったりする中で、やがて食べられるようになることもあります。お母さんやお父さんとの生活の中で食べることは楽しいことだよと伝えたいものです。   by yuri

by hahhanonkidane | 2007-05-28 23:14 | ■育児 | Trackback | Comments(0)

育児Q&A Vol.1

Q:授乳中のお母さんが、薬を飲むとおっぱいやめなくちゃダメ?

A:だれでもできる母乳育児 ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル
 <<メディカ出版>> より引用・・・
「一般的にいうと母乳に出てくるくすりは、微量なので赤ちゃんに影響はありませんが、授乳中は、自分のためにも不必要なくすりは、なるべく飲まないほうがいいでしょう。医師にかかった時は、自分は授乳中で母乳育児を続けたいということをはっきり伝えましょう。授乳を中断しなければならないのは、診断や検査のために放射性化合物を使う場合、癌の治療として化学療法をしなければならない場合などです。」

Q:果汁は、いつごろから赤ちゃんに与えたらよいですか?

A:果汁は、母乳やミルク以外の味に慣れることと、ビタミンCを補うことが目的で、一般的には、離乳食初期から与えるように言われています。しかし、果物は、赤ちゃんには甘すぎる事と、国産の果物でもかなり農薬が使用されている(輸入物はさらに多い)ので、できるだけ避けた方がいいと思います。離乳食開始は、野菜スープから始めることをお勧めします。1歳前後に果物をよく水洗いして絞り、2~3倍に薄めたものから始めましょう。   by yuri

by hahhanonkidane | 2007-02-19 22:33 | ■育児 | Trackback | Comments(2)