おいしいオッパイで育てよう

 母乳は、お母さんの食べた物で、味や質が変化します。また、母乳の味や質によって赤ちゃんの飲み方や飲む量が低下し乳腺炎や体調不良の原因になることもあります。良質の母乳で、赤ちゃんとお母さんの穏やかで健康な生活を築きましょう。

おいしい母乳のためのお母さんの食事
《和食中心の食事を心がけましょう》
  ・主食はごはんをしっかり食べましょう。
  ・汁物は海藻、野菜、きのこ類、大豆製品(アレルギー症状に留意する)
   等を数種類入れると色々な栄養素をとりやすいです。
   出し汁は、なるべく煮干、昆布、削り節などの天然のものを使用しまし
   ょう。
  ・副食は、白身魚を中心にして、肉類は母乳の質を悪化させやすいので
   できるだけ控えましょう。
  ・イモ類、緑黄色野菜、淡色野菜、海藻類、種実類、豆類は毎日欠かさ
   ず取りたい食品です。
  ・油、砂糖、果物は取り過ぎると、乳質を悪化させたり、乳腺炎の原因
   になったりしやすいので注意しましょう。食品中に含まれているもの程
   度にして必要以上に取らないほうが良いでしょう。
  ・牛乳、乳製品、卵、大豆、大豆製品、肉類はアレルギーの原因になり
   やすいので注意しましょう。アレルギー症状がある場合は、専門医に
   相談しましょう。症状のない赤ちゃんでも毎日同じ食品を食べ続けたり、
   一度に大量に食べたりすることは控えましょう。

《三食もしくは四食を毎日規則正しく取りましょう》
   生活リズムと生体リズムを一致させる事は、身体へのストレスを抑え
   母乳の質や分泌量の低下を予防します。
                              by yuri

にほんブログ村 子育てブログへ

# by hahhanonkidane | 2007-09-08 21:37 | ■育児 | Trackback | Comments(0)

乳腺炎の予防と対策

◎乳腺炎の予防について

☆まず赤ちゃんの授乳を見てみましょう。
 ・授乳間隔が開きすぎていませんか?
 ・離乳食が進んで、母乳を飲む回数、量は、減っていませんか?
 ・赤ちゃんが遊び飲みをしていませんか?

☆生活全般を見直してみましょう。
 ・食事は、片寄っていませんか?
 ・脂っこいもの、カロリーの高いものが多くないですか?
 ・冷たい飲み物をがぶ飲みしていませんか?
 ・果物を多く食べていませんか?
 ・体は、冷房などで冷えていませんか?
 ・外出が多く、授乳間隔が開いたり、ママが疲れていませんか?

 何か思いあたることがありましたか?
 他にも乳腺炎になる誘因は、ありますが、まずは、以上のことをチェックしてみてください。
 乳腺炎にならないためにも気を付けたい事項です。

◎乳腺炎になったらどうする?


 高熱が出て、乳房が痛み、しこりや赤みがある時は、乳腺炎を疑います。

 まず痛むところを探し、その部分を赤ちゃんによくのんでもらいましょう。
 授乳の姿勢もたてに抱いたり、フットボール抱きをしたりして変えながら授乳しましょう。
 乳房が赤くなっていて痛む部分をキャベツや里芋湿布、じゃが芋湿布で冷やします。

 また母乳育児相談を行っている助産師にご相談ください。
 だいたい一日で熱が下がることが多いのですが、熱が続くようでしたら病院を受診します。
                         by tomoko

乳腺炎に関するサイト「実録★乳腺炎」をリンクに追加しました

にほんブログ村 子育てブログへ

# by hahhanonkidane | 2007-08-30 00:20 | ■育児 | Trackback | Comments(0)

さくらの滝

 たんぽぽの記事のタネがない時のbloggerのひとりごとです。
 ただいま乳腺炎に関する記事を準備中です、もうしばらくお待ち下さい。
e0117516_23562924.jpg
 先月、夏休みで北海道を旅行してきました。
今回、どうしても訪れたかったのが、道東の斜里郡清里町の斜里川にある「さくらの滝」
 高さ4m、幅15mほどの普通の滝ですが、普通と違うのは、この滝を50cm前後のサクラマスが何百、何千と遡上する光景が見られるところです。

 ちなみにヤマメが川から降海して、海で大きくなって川に戻ってきたのをサクラマス(桜鱒:桜が咲く頃に戻ってくるから)と呼びます。アマゴが降海して川にもどってきたものをサツキマス(五月鱒:サツキが咲く頃に戻ってくるから)。イワナが降海して戻ってきたものをアメマス(雨鱒:体の模様が水玉模様だから)と呼びます。
 ヤマメ、アマゴ、イワナは海に降海する個体と、降海しないで川に残る個体と2つに分かれます。おもしろいのは、同じ時期に生まれた魚でも、降海しないものは大きくなってもせいぜい30cm前後くらいまでですが、降海したものは、5、60cmにも大きくなって戻ってきます。つまり同じ誕生日でも片やせいぜい30cm、もう一方は60cmなんてことがあるわけです。重さで10倍近いその差はなんなのか?・・主食の違いです。川に残る陸封型の魚の主食は水生昆虫。降海型の魚の主食は小魚やイカ、エビなど。

 さてそのサクラマスがジャンプする光景の動画を撮ってきましたので興味のある方は覗いてみてください。  >>動画はこちら
 道東を6月から8月くらいに旅行する場合は、是非訪れてみてください。近くには、裏摩周や神の子池などの観光スポットもありますので、北海道旅行のおすすめスポットです。

# by hahhanonkidane | 2007-08-29 00:18 | ■bloggerのひとりごと | Trackback | Comments(0)

八王子「親子ふれあい講座」のご案内

 たんぽぽの会のベビマ指導を行っている河野(tomoko)助産師が、八王子で『親子ふれあい講座』を定期的に開催しています。次回の講座は下記の通りとなっています。八王子近隣の在住の方でベビーマッサージ教室の受講希望の方はご紹介いたしますので、たんぽぽの会までメールでお申し込みください。費用は別途お尋ねください。

『親子ふれあい講座』
日時  9月14日(金) (1)10:00~  (2)13:00~ の2回開催
場所  八王子市の横山南市民センター(八王子市椚田町)
       ※無料駐車場あり
内容  ベビーマッサージと育児相談
指導  河野朋子・助産師、小井戸浩子・助産師

にほんブログ村 子育てブログへ

# by hahhanonkidane | 2007-07-31 23:56 | ■八王子・ほっこりベビマ | Trackback | Comments(2)

離乳食講習会のご案内

e0117516_21414716.jpg たんぽぽの会の離乳食相談などを行っている村宮(yuri)栄養士が、桑の木助産院で離乳食講習会を開催しています。日程、会場その他は下記の通りとなっています。どなたでも参加できますのでお気軽にご参加ください。
参加希望の方は、直接 桑の木助産院に電話でお申し込みいただくか、たんぽぽの会までメールでお申し込みください。

『桑の木助産院・離乳食講習会』
日  時  8月24日(金) 10:00~
場  所  桑の木助産院 (Mapion地図) ※駐車場あり
       相模原市大島1741-8
       TEL 042-762-2111
内  容  初期から完了期までの離乳食の話しとビデオ
参加費  1,000円 
講  師  村宮ユリ(栄養士・食生活アドバイザー)

# by hahhanonkidane | 2007-07-30 21:45 | ■離乳食講習会 | Trackback | Comments(0)

たんぽぽの会 9月例会のご案内

e0117516_22123259.jpgたんぽぽの会 9月例会日程は
下記の通りとなりました
お気軽においで下さい
お待ちしています
新規会員大歓迎です(^^)
8月例会はお休みさせていただきます




※※※ お知らせ ※※※
8月例会がお休みだったこともあり、9月例会は新規会員が多数参加予定となっています。当日は既存会員を含め多数の参加で会場が手狭になることが予想されますので、ご了承ください。


日時 9月10日(月) 14:00~16:00
場所 サン・エールさがみはら・和室
(相模原市西橋本:JR橋本駅、京王橋本駅から徒歩10分)042-775-5665
会場に無料駐車場あります
内容 ベビーマッサージ、育児相談、離乳食相談

会費は1回700円(初回のみ1000円) ※マッサージオイルなど込み
※個別に母乳育児相談を希望される方は事前にご相談ください

例会へのご質問、参加申し込みは、メールまたはコメントからお申し込みください(コメントに個人名、電話番号等を記入される場合は非公開コメントをご利用ください)

にほんブログ村 子育てブログへ

# by hahhanonkidane | 2007-07-27 22:16 | ■例会のご案内 | Trackback | Comments(18)