離乳食は赤ちゃんの発達に合わせてゆっくりすすめましょう

離乳食のすすめ方

ゴックン期(5~6ヶ月)
■発達のめやす   寝返り→ずりばい
■舌の動き      前後運動、口唇食べ
■回数         1日1回
■食品の形状    とろり~ドロドロ
■食品の種類    淡色野菜、穀類、緑黄色野菜、芋類、海草類

モグモグ期(7~9月)
■発達のめやす   ずりばい→たかばい
■舌の動き      上下運動、舌食べ
■回数         ~2回
■食品の形状    上顎と舌で潰せる硬さ
■食品の種類    ゴックン期 + 白身魚、小麦粉製品、きのこ類
             (アレルギー症状に留意)

カミカミ期(10~12ヶ月)
■発達のめやす   たかばい→歩行
■舌の動き      左右運動、歯茎食べ
■回数         ~4回
■食品の形状    歯茎で潰せる硬さ
■食品の種類    モグモグ期 + 大豆、大豆製品、果実


ゴックン期(5~6ヶ月)の離乳食

「食べる」ことは学習することによって獲得される行為です。今まで口をあけて母乳を飲んでいた赤ちゃんが、自らの意志で上唇と下唇をとじ、舌を前後に動かし”ゴックン”と飲み込みます。
この時期の赤ちゃんは、寝返りからずりばいへと身体をうごかせるようになります。
『たべたいなあ』という気持ちが赤ちゃんの中で生まれた時が、離乳食を始めるのに最も良い時期です。お父さんや、お母さんが食べているのをじっと見たり、よだれを出したりします。野菜スープでスプーン練習が終わったら、本格的に離乳食をスタートさせましょう。

【穀類】
 よだれが出始めるのは糖質を分解するプチアリンという酵素が出ている合図です。
 米、小麦、きび、あわ、ひえなどの雑穀をおもゆ状に炊きます。
 炊飯器で普通に炊きあげてから、7~10倍の水を加えて鍋でおもゆ状にして作ります。
 ※米や小麦にアレルギー症状を示すこともあるので注意しましょう。

【緑黄色野菜】
 お母さんの体内から、持って生まれた貯蔵鉄も6ヶ月を過ぎるとほぼ消失していくそうです。
 離乳食で鉄分を補う必要があります。鉄分を含む緑黄色野菜を離乳食に入れましょう。

 根菜類-にんじん
 果菜類-ブロッコリー、かぼちゃ、オクラ、ピーマン、いんげん、トマト など
 葉菜類-ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、大根葉、カブ葉、ニラ など

 作り方は、【淡色野菜】(07/3/21記事)と同じです。
 ほうれん草、小松菜、大根葉、カブ葉などは一度ゆでこぼし、水にさらしてからみじん切りにして、さらに10倍程度の水と一緒に鍋に入れてコトコト煮て作ります。   by yuri

# by hahhanonkidane | 2007-05-03 10:23 | ■離乳食 | Trackback | Comments(0)

食べる5つの基礎力

e0117516_032681.jpg乳幼児期に育てたい食べる5つの基礎力

1)食物を消化・吸収させる力
 ヒトは、食物を体内に取り込み、消化・吸収することで生命維持・成長・発達させていきます。

2)咀嚼力を高める
 咀嚼力(噛む力)を高めることは、《食物を消化・吸収しやすい形にできる》《唾液の分泌を促し、消化を助け、虫歯の予防になる》《脳内物質の分泌を促進し、自律神経をコントロールする力を育てる》《運動能力を向上させる》などにつながります。

3)おいしいと感じる力(味覚を阻害させない)
 味覚は、身体に有害なものを察知し、有益なものを取り入れ、健康を守る信号でもあります。
 広範な食べ物を『おいしい』と感じる力を育てましょう。

4)健全な食欲を育てる
 生活リズムと生体リズムを一致させること、『くいしんぼう』に育てましょう。

5)食の自立への方向付け
 自分の健康を自分で守る。人間として生きるために食べる。
                                     by yuri
 

# by hahhanonkidane | 2007-05-02 23:00 | ■離乳食 | Trackback | Comments(2)

鯉のぼり

今日は、5時起きで山梨県の道志川に出かけてきました。
途中、何年ぶりかで高田橋の鯉のぼりを見ることができました。
(写真・クリックすると拡大されます)
日中は混み合うので、朝一がおすすめです。
e0117516_2225133.jpg

1月にブログを開設してから早3ヶ月がたちました。
ブログを訪問していただいた方に感謝いたします。
少しずつアクセスも増えてきています。
ブログを通じての例会参加の申し込みが、予想を超えてたくさん寄せられていることが、一番の驚きです。
特に、ベビーマッサージへのママ達の関心の度合いがとても高いことの現れだと感じています。

例会の感想・ご意見だけでなく、ママ達の情報交換の場としてもおおいに活用していただけると嬉しいです。
携帯版のブログからもコメントの書き込みができます。
みなさんからの気軽なコメントお待ちしています!!

# by hahhanonkidane | 2007-04-30 21:30 | ■bloggerのひとりごと | Trackback | Comments(0)

6月例会のご案内

e0117516_750581.jpgたんぽぽの会 6月例会日程は下記の通りとなりました
お気軽においで下さい
お待ちしています


日時 6月12日(火) 14:00~
場所 サン・エールさがみはら・和室
(相模原市西橋本:JR橋本駅、京王橋本駅から徒歩10分)042-775-5665
会場に無料駐車場あります

会費は1回700円(初回のみ1000円)です
※個別に母乳育児相談を希望される方は事前にご相談ください

例会へのご質問、参加申し込みは、メールまたはコメントからお申し込みください(コメントに個人名、電話番号等を記入される場合は非公開コメントをご利用ください)

# by hahhanonkidane | 2007-04-28 07:52 | ■例会のご案内 | Trackback | Comments(7)

4月24日 たんぽぽの会 4月例会開きました

e0117516_137830.jpg 4月24日のたんぽぽの会の例会は、このブログを通じての新規会員が6組、その他の新規会員1組の計7組と、既会員7組の合計14組というにぎやかな例会となりました。
 最初に、自己紹介と、ゴールデンウィークに赤ちゃん連れで行くおすすめスポットを紹介しあいました。 
 ベビーマッサージの後、離乳食に関する質問がたくさん出されて、時間いっぱいまで質疑応答がありました。
 例会参加のみなさんお疲れさまでした、ぜひ、感想、ご意見などコメントでお寄せ下さい。

e0117516_11165822.jpg

e0117516_11172415.jpg

e0117516_11175791.jpg


ベビーマッサージを指導するtomoko助産師(右)
e0117516_11193891.jpg

※例会参加のママからメールで感想をよせていただいたものを転載します。
◆あやなママ◆
昨日はありがとうございました。
とても楽しかったですし、参考になるお話ばかりでした。
ただ・・・初めてのマッサージで、周りを見ながら
必死でやっていたので、内容をよく覚えていませんでした・・・(^^;
今日は、頂いた資料を見ながらこんなんだったかなぁ~と
歌をうたいながらやってみました♪
娘は、ニコニコ穏やかな顔をしていたので、気持ちがいいのでしょうか???
内心は、昨日とは全然違う~って思っていたりして(笑)
そういえば、先ほどブログを拝見しました。
早速、更新されていて、私達親子も写真が載っていたので、びっくり!
嬉しかったで~す!!ダンナが帰ってきたら1番に見せますネ♪
次回もとても楽しみにしています。

◆心渚ママ◆
マッサージをするといつも快便になり、毎回効果を実感しています。
眠りも深くなるようで朝までぐっすりでした。
自分と娘の写真が(ブログに)のっているとなんだか嬉しいですね♪
次回もバシバシ撮ってください♪♪

※あやなママさん、心渚ママさん、メールありがとうございました。
 次回の参加を、楽しみにお待ちしています。(^0^)

# by hahhanonkidane | 2007-04-25 11:24 | ■例会 | Trackback | Comments(4)

二人目が生まれて・・・

 私の周りは出産ラッシュです。一番上が双子の方は5人目、三十代後半の初産婦さん、二人目の方が3人、最近4人目がわかった方、とうれしい知らせが舞い込んできています。夏になると 生まれたメールが来そうです。

 先日、二人目が生まれた方から相談が来ました。いそがしくて上の子の事をかまってあげられず、泣かれるとイライラするということでした。
 私にも経験がありますが、まだわからない子に大きな声でしかって後で後悔したり、二人をひざに抱えて困ったり、ほんとうに大変でした。友達や先輩に相談してずいぶん助けられました。お母さんが頑張っているのはわかっているよ、子供はお母さんが好きだよ、助けを求めてもいいよ、、、、、、上の子を8秒抱きしめて「大好きだよ。いつも我慢してくれてありがとう。下の子に優しくしてくれてありがとう」など言ってみてといわれ、言いながら一緒に泣いたりしました。皆さんはどうですか?
 三人目のときは上の二人が遊んでくれて楽でした(^^)。  by akiko

# by hahhanonkidane | 2007-04-21 22:43 | ■育児 | Trackback | Comments(0)