<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11月30日 骨盤体操教室開催しました

e0117516_2230032.jpg
11月30日 女性のための骨盤体操教室を開催しました。
今回は体調を崩されたりしてのキャンセルが多く、新規会員5名を含む10名の参加でした。
講師の土手口さんから例会のコメントいただきました。

今日はいつもの体操に加えて、横隔膜を意識した呼吸法と、それを取り入れたエクササイズ、下半身の血流をよくする体操などをやっていただきました。
この呼吸法は、通常の胸式呼吸の3~5倍の酸素を取り入れることができますので、全身の血流がよくなるほか、細胞の新陳代謝を活発にして免疫力を高めるなど、よいことがたくさんあります。
ぜひ家でも続けてやってみてください。
これから寒い冬がやってきますが、呼吸法や体操で、体の中からポカポカと温めてあげてくださいね。
                              土手口明子


★☆続きはこちら

by hahhanonkidane | 2009-11-30 22:39 | ■骨盤体操 | Trackback | Comments(0)

紅葉の京都

e0117516_2255188.jpg

top写真は、哲学の道のそばにある安楽寺の門前のphotoです。
1泊2日で、家族と一緒に京都の紅葉を散策してきました。
2日間で15kmくらい歩いたでしょうか。帰ってきた翌日ではなく、2日後の今日になって足が痛くなって、年を感じています。

過去にはあまりの美しさに鳥肌が立つほど綺麗な紅葉に出会えたことがありましたが、今年の京都の紅葉の色づき具合は、残念ながら、見頃がハッキリしないまま終わってしまうようなメリハリのない感じで、これまで観たなかで一番のはずれ年でした。
でも、久しぶりに大好きな京都を散策できたので、十分満足して帰ってきました。

そんなわけで、あまりいい写真が撮れませんでしたが、少しだけアップします。(クリックで拡大できます)


★☆続きはこちら

by hahhanonkidane | 2009-11-26 23:41 | ■bloggerのひとりごと | Trackback | Comments(0)

12月 ベビマ例会のご案内

e0117516_1515986.jpgたんぽぽの会 12月のベビマ例会の日程は、下記の通りとなりましたのでご案内いたします。
新規会員の参加申し込みも歓迎です。

 ★☆参加申し込み、ご質問はこちら
 ★携帯サイトから申し込みフォームの
  入力送信はできません。


日時 (1)12月 4日(金)  ★終了しました
         14:00~16:00   
    (2)12月24日(木)  ★申し込み締め切りました
         10:00~12:00   

場所 サン・エールさがみはら・和室(3F 教養文化室)
   (相模原市西橋本:JR橋本駅、京王橋本駅から徒歩10分)
   会場に無料駐車場あります

内容 ベビーマッサージ
   助産師、栄養士による母乳・育児相談、離乳食相談


会費 1回700円(初回のみ1000円)
    ※会費には会場費、資料代、マッサージオイルなど込み

赤ちゃんの参加対象月齢

     ★月齢2ヶ月以降からの参加をお勧めしています

※例会当日にご持参いただくもの
  ベビーマッサージ用にバスタオルを1枚ご用意ください
★例会に参加された会員を撮影した写真をブログに掲載する場合があり
 ます。写真掲載不可の場合は例会開催時にその旨お申し出ください。


クリックするとランキングが上がります、応援お願いします(^^) 
 ↑子育てブログランキングに参加中。応援ありがとうございます(^^)

by hahhanonkidane | 2009-11-22 15:07 | ■例会のご案内 | Trackback | Comments(0)

12月 八王子・親子ふれあい講座のご案内

e0117516_2317122.jpgたんぽぽの会のベビマ指導を行っている河野・小井戸助産師が、八王子でビーマッサージの『親子ふれあい講座』を毎月開催しています。
次回の講座は下記の通りとなっています。八王子近隣の在住の方でベビーマッサージ講座の受講希望の方は下記の申し込みメールフォームからお申し込みください。


『八王子・親子ふれあい講座』 
【じっくりベビマクラス】 ※新規・初回の参加の方が対象です
 日時  12月 9日(水) 10:30~ ★終了しました
 場所   小井戸助産師宅(八王子市みなみ野)

 日時  12月17日(木) 10:30~ ★申し込み締め切りました
 場所   小井戸助産師宅(八王子市みなみ野)

 定員  2~5,6組までの少人数制
 内容  ベビーマッサージと育児相談
 会費  1000円(ハーブティー付き)
 指導  河野朋子・助産師、小井戸浩子・助産師

【わいわいベビマクラス】 ※2回目以降の参加の方が対象です
 日時  12月11日(金) 10:00~ ★終了しました
 場所  八王子市の横山南市民センター・和室(八王子市椚田町)
       ※無料駐車場あり
 内容  ベビーマッサージと育児相談
 会費  1回 500円
 指導  河野朋子・助産師、小井戸浩子・助産師

★参加申し込み、キャンセル連絡・お問い合わせは☆こちら☆
※申し込みの送信先が河野助産師の携帯アドレスになっていますので深夜・早朝の連絡はおひかえ下さい。

クリックするとランキングが上がります。 ←ランキングクリック、応援ありがとうございます(^^)

by hahhanonkidane | 2009-11-21 21:11 | ■八王子・ほっこりベビマ | Trackback | Comments(0)

インフルエンザワクチン接種 不要論

e0117516_1404130.jpg
インフルエンザワクチン接種および抗インフルエンザ薬の有効性についての否定論があります。「インフルエンザワクチンは打つべきでない」「タミフルを投与するのは止めましょう」。
こうした否定論は、いつの時代にもいろいろなシーンで現れ、その多くが素人受けする言葉で一部の否定的な部分を全否定する極論が展開されるのが常です。

母里啓子 著『インフルエンザ・ワクチンは打たないで

母里氏は「効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまった」とamazonの本の紹介文で述べていますが、この本のレビューには「集団接種が中止された1994年以降、インフルエンザ流行時、私の勤める大学病院では重症のインフルエンザ脳症の児が急増した」という医師のレビユーもあります。
この本そのものに対するコメントは避けますが、リンクしたamazonのサイトでの本人の紹介文と併せて、賛否両論のカスタマーレビューを一緒に読んでみてください。

この本に対するレビューを何人かの医師が書いていますが、肯定的なレビューを書いているのは専門外とも言える外科医1人のみで、実際に臨床現場にいる内科・小児科などの医師の怒りをも帯びた否定的なレビューが少なくないところが重要な点だと思います。

世間一般の大きな勘違いは「インフルエンザワクチンを接種したのにインフルエンザにかかってしまった!。なんで!?」と・・・インフルエンザワクチンに感染予防効果があるように誤解していることです。
「予防接種」と名前がついていますが、より正確に表現すれば、「重症化予防接種」であり「感染予防接種」ではないということです。これは、医療従事者なら常識です。

つまり、「インフルエンザワクチンは感染予防を目的としておらず、重症化や死亡を減らすことを目的としている」ことであり、タミフルなどの抗インフルエンザ薬の投与目的も、一部、予防内服として感染予防目的に使用されていますが、主目的は「重症化や死亡を減らすこと」です。
有効性については、科学的なエビデンスが最も重要なことは言うまでもありません。
そのための研究も、厚生労働省や日本感染症学会およびアメリカのCDC(疾病予防管理センター)などで行われており、いずれもワクチンおよび抗インフルエンザ薬の有効性を認めています。なおかつ、そのいずれも100%の有効性を認めているわけではなく、また、どちらも、副反応(副作用)の発生を否定しいません。
極論者は「有効性は100%でない=100%無効」「副反応が0%ではない=100%危険」という議論とほとんど変わらない論点を展開します。いわゆる優先接種対象者が「接種すべきでない」と断定していることを鵜呑みにして単純に接種を避けることは大変危険な事だと思います。

インフルエンザ感染が直接・間接の原因での死亡は数千人から数万人、一方、ワクチンや抗インフルエンザ薬の副反応による死亡は10人から多くても数十人。「私は感染・重症化のリスクよりも副反応のリスクを避けたいから接種しない」「私は副反応のリスクよりも感染・重症化のリスクを避けたいから接種する」というように、どちらのリスクを選択するか、ある意味「リスクの選択」と「リスク対効果」をそれぞれ自己判断するということだと考えます。
それでも「子どもにはその判断ができない」という問題は残されてしまいますが・・。

私は、肺の1/4を摘出した呼吸器疾患の既往歴を持っているので、積極的にワクチンも接種しましたし、感染すればタミフルの投与も行うつもりです。

★「新型インフルエンザ」のタグリンク記事に厚生労働省、日本感染症学会などのHPをリンクしています。有効性、副反応などが詳しく紹介されているのでエビデンスその他の参考にしてください。

参考までに こちらのブログ記事も「こどものおいしゃさん日記」

クリックするとランキングが上がります。 ←参考になりましたら応援クリックお願いします(^^)

by hahhanonkidane | 2009-11-21 01:59 | ■bloggerのひとりごと | Trackback | Comments(0)

11月12日 ベビマ例会開催しました

e0117516_923063.jpg
11月12日 ベビマ例会を開催しました。
肌寒い曇りの中、新規会員4組を含む16組の親子が参加されました。

自己紹介では、お一人お一人、今、気になっていることを出してもらいました。
離乳食の質問も多く、食べムラがある子、ちゃんと最後まで座って食べない子に対しての対応など村宮栄養士より話しがありました。
他に赤ちゃんを預けて、ママが外出できるよう哺乳瓶になれさせるには、どうしたらよいかとの質問がありました。
哺乳瓶をどうしても練習したい場合には、ママ以外の方が与えるとうまくいくことがありますがどうしても無理だったら地道にスプーンで与えたり、コップの練習をするなどいろいろな方法を試してみましょう。
母乳を与えている場合、哺乳瓶を使うと乳頭混乱をおこし、おっぱいの飲み方が下手になる場合があるのでできれば使わないほうがよいでしょう。

こんな感じでたんぽぽの会では、その時々でちょっと聞いてみたいなあということを気軽に相談できる場になっています。

我が子と過ごす一日、一日を大切にあせらずゆっくり、おおらかに子育てを楽しんでもらえるといいなあと思っています。

★☆続きはこちら

by hahhanonkidane | 2009-11-13 09:14 | ■例会 | Trackback | Comments(0)

新型インフルエンザ医療事情(2)

e0117516_22365624.jpg
 新型インフルエンザの優先接種対象者のワクチン接種が今週から開始されました。接種できる医療機関もHPで公表され、いよいよ新型インフルエンザのワクチン接種が本格的に開始・・・と思われている方も多いと思いますが、医療現場の実体はとてもとてもというところです。

 10月中旬に申請した医療従事者分の新型ワクチンの医療機関への納入は、小児科や産科などを標榜する医療機関では、申請の約9割が納品されていますが、その他の医療機関には申請数の約3~4割程度しか納品されず、11月に入っても残りがいつ納品されるかハッキリしないという状況で、優先接種対象者であれば、すぐに接種できるとう状況では全くありません。

 加えて、さらにここに来て問題になっているのが従来の季節型のインフルエンザワクチンが極端に品薄になってきていて、10月中旬あたりから開始されている季節型インフルエンザの予防接種が、いまほとんどの医療機関で希望者全員が接種できなくなってきています。
 私の勤務する診療所でも10月までは希望者全員が接種できましたが、今週から在庫切れのため接種を中止しています。
 もともと、新型インフルエンザワクチンの製造のため、従来の季節型ワクチンの製造量が例年の7~8割程度になると言われていましたが、こんなに早く品薄状況になるとは予測していませんでした。
 あらかじめ品薄になることが予測されるので、早めの接種を・・と案内していたこともありましたが、10月度の接種者数は、昨年の約4倍となっており、製造量の減少に、接種者の増加も品薄に拍車をかけています。このまま状況があまり変わらないようであれば、新型だけでなく、季節型のインフルエンザワクチンも優先接種順位を決めなければならないことになるかもしれません。
季節型のインフルエンザの流行もまもなく始まることを考えると、国の早急な対応が求められます。

新型インフルエンザワクチンを接種できる医療機関および接種開始予定日が厚生労働省や都道府県、市のHPで公開されはじめています。接種開始スケジュールや接種可能医療機関は下記HPでご確認ください。
なお、情報の多くがPDF形式となっていますので閲覧ソフトがない場合は事前にダウンロードしてください。

 厚生労働省HP
 神奈川県HP
 相模原市HP

公表されている接種可能医療機関でも、いわゆる「かかりつけ」の患者のみにしか接種をしないとしている医療機関が多く、相模原市でも公表されている医療機関の半数以上が「かかりつけのみ」としていますので、接種が可能か市の窓口や医療機関によくご確認ください。

クリックするとランキングが上がります。 ←参考になりましたら応援クリックお願いします(^^)

by hahhanonkidane | 2009-11-06 22:45 | ■bloggerのひとりごと | Trackback | Comments(0)

11月 女性のための骨盤体操教室のご案内

e0117516_2273863.jpg肩こりや腰痛などの身体の不調のほとんどが、骨盤を中心とした体の歪みが原因となっている事をご存知でしたか?身体が整うと、いつの間にか色々な不調が改善されていきます。
自律整体の理論に基づいた体操を行うことで、バランスの取れた身体へと少しずつ近づけていきませんか?

11月も「女性のための骨盤体操教室」を下記の日程で開催することになりました。ぜひご参加下さい。今回も、会員限定とせず、新規の方の参加申し込みも受け付けます。


    「女性のための骨盤体操教室」

   日時 11月30日(月) 
     13:00~15:00    ☆参加申し込みできます

   場所 サン・エールさがみはら・リハーサル室
   (相模原市西橋本:JR橋本駅、京王橋本駅から徒歩10分)
   会場に無料駐車場あります

   会費   1000円

   参加対象 新規の方のお申し込みも受け付けます
     ※今回はリハーサル室で、定員は30名程度を予定しています

   整体講師  土手口 明子さん

     ☆参加申し込みはこちら☆

**********************************************************

講師プロフィール

e0117516_15532058.jpg土手口明子 akiko doteguchi

 整体師

高知県高知市出身。3番目の子が1歳になった頃から自律整体を学び始め、
数年前から自宅等で仕事をするようになり、現在に至る。
自律整体の理論に基づいた骨盤調整と体操指導を行っているほか、横浜市青葉区寺家町ののむぎ地域教育文化センターなどで体操教室を行っている。
整体の勉強を通してからだのこと知れば知るほど、その神秘的で奥の深い世界に魅了される日々。みなさんにももっと健康になってほしいという思いで、日々活動中。
趣味は料理。旅行好き。2男、1女の母。横浜市青葉区在住。

 土手口さんのブログ 「おせっかい整体師のひとりごと

クリックするとランキングが上がります。応援お願いします(^^)
↑子育てブログランキング参加中。応援ありがとうございます(^^)

by hahhanonkidane | 2009-11-01 16:03 | ■骨盤体操 | Trackback | Comments(0)