2月20日 ベビマ例会開催しました

e0117516_9163378.jpg
2月20日 ベビマ例会を開催しました。
今日は19名のお申し込みで全員参加!
再参加の方はお姉ちゃんも一緒に来てくださいました。
熱烈ファンの方は八王子にも参加して相模原にも参加してくださっています。嬉しいですねー。
助産師河野の愛だなあ。

自己紹介で歯磨きの話題が出ました。
私の話ですが
*虫歯菌がおくちにはいらないように親の使った箸などで子供に食べさせない。もちろん食べかけ、飲みかけは与えない。
これは4歳頃まで徹底してました。
*食べたら必ずお茶を飲ませた(くちのなかの食べかすが虫歯の原因になるのを防ぐため)
*リンゴをよく食べさせた。(歯の汚れを落とすそうです)
*お菓子は与えなかった(市販のお菓子には必ずと言っていいほど砂糖か入っています。砂糖が一番の虫歯の原因です。)
*だらだら食べさせない。(ぐずるとお菓子を与える人がいるのを見ました。ぐずっている原因をきかなければなんの解決にもならないし、食べ物が口にある時間が長ければそれだけ虫歯になりやすくなります)

離乳食をはじめたら赤ちゃんが一人で持てるゴムのちくちくしたおしゃぶりのような歯磨きトレーニング用の歯ブラシを持たせて食後に渡して遊ばせた。
決しておとなと同じ形のものを渡してはだめですよ。
喉を突きますので。
ベビー用品売り場に赤ちゃんが握りやすいリングタイプでブラシの部分がゴムのものがあります。
いきなりおくちのなかにブラシを入れてもなんじゃこりゃー?!
と嫌がったりおこったりしてしまいます。
歯磨きにならすためにまず自分で遊びながら口のなかにブラシがはいる感じを覚えてもらいましょう。
と、いうのが私のしてきた事です。いま6歳ですが虫歯なし。
食後は必ずすぐにぶくぶくをします。
大人になっても虫歯ゼロ!を目指しています。

それから腰が気になるかたがたくさんいらっしゃいました。
疲労と冷えを感じました。
まず下半身は徹底して冷やさないように。
今大丈夫でも歳を重ねると不調がなにかしら出てきます。
とくに女性はという大事な臓器が身体の中にありますよね。
内臓とともに身体、下半身は冷やしてはいけないのです。
腰に不調を訴える人は大抵おしり、おなか、太ももが固く冷たいです。ふくらはぎがぱんぱんの人もいます。
お母さんはあまり寝込むことができません。
日々腹巻き、ズボン下、靴下の重ねばきをして冷えないようにつとめてください。その時、上半身は必ず薄着にしてくださいね。
上半身も着込んでいるとのぼせます。春は特にのぼせるので気を付けてください。半身浴もおすすめです。長い時間風呂には入れないというかたが多いとは思いますが、赤ちゃんが寝ている間の2、3時間、わたしはよく風呂にはいっていました。湯船にゆっくり入っていると多少睡眠時間が少なくても元気でいられました。
からだが温かいと免疫も上がり風邪も引きにくきなりますよ。
ぜひ時間をつくって自分の元気のために半身浴をしてみてくださいね。
今週末はあたたかいようですが寒暖の差が激しく体調崩しやすいです。どうぞ冷えないようにお過ごしくださいね。
ありがとうございました。
       by 岩谷宏美
 http://ameblo.jp/lomi-seitai



e0117516_923520.jpg
e0117516_9233615.jpg
e0117516_9235713.jpg
e0117516_92461.jpg
e0117516_9241912.jpg
e0117516_9243125.jpg
e0117516_9244941.jpg
e0117516_9252340.jpg
  ▼▲画像はすべて拡大できます
e0117516_9253482.jpg
★例会参加ありがとうございました。感想コメントお待ちしています。

クリックするとランキングが上がります、応援お願いします(^^)

by hahhanonkidane | 2015-02-21 09:26 | ■例会 | Comments(0)